Mory's Play Land

人生はドラマだ。

10年前に放送終了したドラマ『ラスト・フレンズ』を観た。

 

こんにちは、もりーです。

 

 

GW、最後の土日は風邪を引いてしまい引きこもっていました。

油断した。

 

ウォーキングデッド以外で長編の作品は観る機会がなかなかなくて、この機会に連続ドラマを観ようと思って、DVDを一気に借りてみました。

 

 

ラスト・フレンズ ディレクターズカット 完全版 [DVD]

 

2008年に放送終了したラスト・フレンズ です。

もう10年も前のドラマなんだね。

 

 

本日のBGMは、もちろんこちらです。

 

Prisoner Of Love

Prisoner Of Love

  • provided courtesy of iTunes

 

 

毎回良いところで流れるこの主題歌。

 

もうめっちゃ懐かしい気持ちになります。

 

 

 

サントラ大好き女で有名な私(勝手に)

 

↓ 過去記事です

morimorimory.hatenadiary.com

 

 

AWAのサントラは種類がとても多くて、聴いたことがなかったサウンドトラックがよく聴ける。

 

そんな中ラスト・フレンズのサントラを聴いたら、ドラマをふわっと思い出して観たくなってしまったのです。

 

もう宇多田ヒカル様のPrisoner of Loveを聴くだけで思いだす。

 

Prisoner of Love Inst.Ver.

Prisoner of Love Inst.Ver.

  • 井筒昭雄
  • サウンドトラック
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

 

※ネタバレしてるよ※

 

私、ヒューマンストーリーやシェアハウスのドラマがめちゃんこ好き!

ラスト・フレンズも吉祥寺だし、私が恋愛できない理由も吉祥寺だし、シェアハウスだし!!

あれって、同じお部屋かな?

 

一人一人の情景がしっかりと感じ取れて、心苦しかった。

 

錦戸亮くん!「みちる…?」の声合いすぎでしょ!

DV男の役が上手すぎて、もうDV男にしか見えない!(褒めてる)

 

この曲が流れるたびにドキッとしちゃったし、怖かった。

 

マインド・ベンダー

マインド・ベンダー

  • 井筒昭雄
  • サウンドトラック
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

瑛太を階段から松葉杖で落とした時の恐怖。

 

 

 

インナー・サークル

インナー・サークル

  • 井筒昭雄
  • サウンドトラック
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

「みちる…?」の声が怖かった。

見てるこっちまでみちるの気持ちになってしまうあの不安になるあの演技は素晴らしかった。

 

 

怖くなりすぎて、錦戸亮で検索かけて普段の錦戸亮くんを確認しちゃったレベルで怖かったもん。

 

 

最初の上野樹里ちゃんがコップを選んでるシーンが一番記憶に残っていたな。

 

あ、このシーン見たなって思い出した。

覚えているのはそこだけだったけど。笑

 

 

ドラマももちろんなんだけど、オープニングがすごいなって思った。

 

調べて見たら、意味が込められているらしくあの頃は気づけなかったけど、今大人になってから観ると深く心に突き刺さることがあるなと。

 

ドラマの主題歌『Prisoner Of Love』と共に流れるオープニングのタイトルバックは、1日以上をかけて様々なこだわりを持って撮影された。その中では、美知留が「Love(愛)」、瑠可が「Liberation(解放)」、タケルが「Agony(苦悩)」、エリが「Solitude(孤独)」、宗佑が「Contradiction(矛盾)」と、それぞれの悩みのテーマが英語で現わされている。瑠可の性別への苛立ちを象徴する割れたガラスの破片、宗佑の過剰でアンバランスな愛情を象徴するマグカップから溢れ落ちていくコーヒーなども描かれている。

また、1人だけ黒いネクタイをし、リボンを追うカットで、他の4人と違う方向に歩き出す宗佑や、タケルを後ろから見つめる美知留、手をつなごうとするタケルに拒否もしないが受け入れもしない瑠可、誰かを追いかけるエリなど、これからのストーリー展開を示唆する映像も多く描かれている。

引用:Wikipedia

 

 

三角関係にもほどがある。

 

もうね、要約して言ってしまうと

 

切ねえ。

本当、この一言に限ります。

 

全てがどうにもならないことで、全てがどうしようもなくて。

 

特に、錦戸亮くんの役の及川宗佑が切なすぎて。

彼に感情移入しちゃった。

 

親に捨てられて、親戚をたらい回しにされて、彼女のみちるとどう愛すのが正解なのかもわからない。

愛しているからこそ、それは本当は間違っているのだけど、DVをしてしまう。

 

だって、児童福祉課で働いていて自分と同じ境遇にいる子どもにはものすごく優しくて、そんな優しいところも知っているからこそ、みちるも完璧に宗佑から離れられなかったんじゃないかなって思ってる。

 

最後、錦戸亮死んじゃうんだよ……

あ、錦戸亮が演じている及川宗佑がね……。

 

最後、みちるが楽しそうにしているシェアハウスの人たちとの写真見て号泣して、自分を責めて、自殺してしまうの。

 

みちるも自殺しようとするんだけど、宗佑との子どもを妊娠していて、産むことを決意。

 

これ今、ルカとタケル目線をがっつり無視しているけど、ここにシェアハウスの人たちの感情も考えたらもうすごいでしょ。

 

ああ、切ない。

 

Prisoner of Love Inst.Ver.

Prisoner of Love Inst.Ver.

  • 井筒昭雄
  • サウンドトラック
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

そこで、この曲流れたら泣いちゃうから。

 

 

上野樹里ちゃんのルカが泣いてるとこっちまで悲しくなっちゃう。

 

苦しいのがすごく伝わるんだもん。

 

なんか、また10年後に見たいかも。

 

何回も観たくないけど、また戻ってきたくなるような引き込まれるドラマでした。

 

 

「あたしのみちるに触るな!!」のるかのセリフがものすごく印象に残っているけど、やっぱり宗佑が印象に残ってしまう私としては、宗佑の遺書かな。

 

さよなら、みちる。

君を自由にしてあげるよ。

生きてる限り、僕は君を縛ってしまう。

 

遺書が切なくて、悲しくて。

本当、泣きそうになった。

泣いてはいない。

 

ごめんね、愛し方がわからなくて。のところに親の愛を感じられなかった宗佑の悲しみが込められていて、ごめんね、僕が幸せにできなくてみたいなのがもうもうもう。

 

胸がいっぱいになりました。

 

だからといって確かに死ぬのは卑怯だけど(るかに言われてた)

もう本当に心臓を止めるしか、死ぬしか自由にしてあげられなかったんだよね。

 

もう直らない。

きっと宗佑が生きていてみちるが赤ちゃんを産んでも、幸せな家族にはなれなかった。

と思う。

 

だから、これはこれで、ちょっとモヤモヤしてしまったハッピーエンドな展開だったけど、シェアハウスにみんな戻って、これで良かったんだと思う。

 

こんなモヤモヤするハッピーエンドは最高の離婚にちょっぴり似てるな。

全然雰囲気は違うけど、別れて欲しくなかったもん。

それこそ、タイトルの最高の離婚にならないから、最高の離婚になったのだけど。

 

これも確か瑛太さんだったね。

俳優さんってすごいな。

 

 

ここ数日ラスト・フレンズが抜けないもりーでした。

 

 

ディア・フレンズ

ディア・フレンズ

  • 井筒昭雄
  • サウンドトラック
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes